身体の調子が悪い時、みなさんはどうされますか?

長引くと病院に行ったりしますね?

その前に、自分の身体と向き合う時間を作ってください

身体は私達に訴えたい時に症状をだします

「助けて!」

「もう限界だ!」

「私のこと忘れないで!」

それを、病院の出す薬で抑える前に、意識を傾けてあげるのです

「ああ。。疲れていたんだ。」

「ストレスをため込んでいた」

「無理しすぎてた」

身体が教えてくれるのです。感謝の気持ちでいたわってあげましょう。

「ここまでため込んできたんだね」

「よく頑張ってるね」

「えらい!」

「いつもありがとうね」

無視されると誰だって傷つきますよね。

身体もみなさんのために頑張っています。

痛みやだるさとなって訴えてきたら、できる限りこたえてあげましょう

無視されたら、身体だって悲しみます

「じゃあどうしたい?」

身体を伸ばしたり、振ったり、揺らしたり、叩いたりすることで対話ができます

ヨガのポーズは、自分の身体と向き合うために作られた動作です

自分の身体は自分がよく分かります

よーく見てあげてください

続けて見ると、わかってきます

むしろお使者さんより自然治癒力の方が驚くほど元気に回復するかも

お医者さんが仰ることだけ信じていては身体がかわいそう

自分を信じてあげましょう

スタジオでは、よく自分の感覚をみることを大事にお伝えしています

来る前と帰る時では、お肌の調子やお顔の表情、活力が

みなさん格段に変化がありますよ

ピカピカイキイキされています(^_-)-☆

お伝えしている私もとっても嬉しいです~~❤❤❤