アイヌやネイティブアメリカン、アフリカなどの原住民族の衣装で

頭に布を巻き付けたり、巻いたりしているのを見たことありませんか?

なぜ、頭に巻くのでしょうか?

また、日本人の風習で、ねじりはちまき、必勝はちまきなどがありますね。

気合を入れる時、集中したい時に巻きます。

頭に何か巻くと「なにか当たっている感覚」がありますね

気が頭に向かいます

脳の感覚に集中することと同じです

普段、頭に気を向けることって、なかなかありません。

ただ考え事して、無意識に脳を使っています。

脳はいつでもフル回転しています。

1日に6万回、10秒に7回も考えているらしいです!

でも普段は脳に意識は向けてませんね

考え事はするけど、感覚はありません

感覚があると、「使っている」意識があるので

集中して、うまく使うことができます

だからこそ、頭にはちまきをするのです!

感覚があると、

集中力、直観力が増します!!

原住民や昔の人はそれがよくわかっていたのですね~

すごい!

ぜひ、はちまきをしてみてください😆💖

いらない考え事が無くなって頭がスッキリします☆