ただのヨガじゃない。脳教育と言っています。

ヨガというと、木のポーズ、三角のポーズ、太陽礼拝のポーズなど、

様々なポーズをとるというイメージですが、

イルチブレインヨガでは、あまりしません!

よくやるとすれば猫のポーズとコブラのポーズくらいですが、

あとはブレイン体操、脳波振動、呼吸、瞑想、気功で成り立っています

脳科学に基づいて、潜在能力を上げます

大事にしているのは、見た目の形ではなく、内側の感覚をただ感じること。内観です。

それだけで、身体は変わっていきます

自分の感覚に意識を向けるだけでいいのです

考えていたことが現実に起こるってよくありますよね

実は、これが脳の秘密!

考えていたことは、ちゃんと現実に起こります!

「引き寄せの法則」とよく言いますが、本当にあります

それをうまく活用したくないですか?

イルチブレインヨガでは、脳をうまく使えるようにトレーニングを行います

それは、人間性を回復することにつながります

みんな、現代社会の中で忘れていった心をとりもどします

だからこそ、ただのヨガではなく「脳教育」と言っています!

韓国やニューヨークの小学校にはすでに教育として導入されています。

最近では、中南米の国、エルサルバドルで教育に取り入れられ、

犯罪率がかなり高く、昨日まで元気に話していた隣人が今日殺されていない、、といったことが日常茶飯事だった国が

犯罪率が減り、子ども達の笑顔が増えた、と評価され、

脳教育が政府最高賞を受賞しました!!!!!

国まで変えた脳教育

生駒にすんでいるからには、試してみる価値がありますよ♪

今ならお得な「脳教育セット」をご用意しています☆

 

東洋医学での身体のケア

調子が悪くなって、病院に行っても、なぜこの症状が出たのか原因は結局分からないと言われませんか?

私はよくあります・・・😨😨😨

私が言った症状の通りに、痛いなら痛みどめ、炎症おこしてたら炎症を抑える薬、細菌を殺す薬、、と

症状を押さえつける薬ばかり出してくださいます。

あとで副作用がでたりすることもありました😢

結局、自分の症状は、お医者さんではなく、自分がよく分かっています

まず自分自身をよく感じることが、体調を整える一番早い方法です

痛い感覚は自分にしかわかりません

イルチブレインヨガ創始者の一指李承憲先生は「人生120年の選択」でこうおっしゃっています

「病気のもとは一つです

どこかでエネルギーの流れが滞り、生命体が本来もっている自然治癒力を発揮できないことに原因があります

滞っているところがほぐれ、血液と気エネルギーのめぐりがよくなるだけで、

たいていの症状は時間とともに回復します。

遺伝などの私達がコントロールできない原因もいくつかありますが、それ以外のものは調節可能です

自分の身体と親しくなると、身体が発信するシグナルに適切に対処し、病気を予防することができます。

自然に病院や薬局から遠ざかるようになります

病院や薬局に行く人は、いつも病院頼みです

少し具合が悪いくらいで病院や薬局に頼ったりするのではなく、

「私の身体に関しては私が医者」だという意識で、自ら体力を養っていかなければいけません。

意志と努力が有れば、いくらでも若く健康に長生きできます」

目を閉じて、自分の身体に集中する時間を作りましょう!!

寝ながらでも、座ってでも、立ってでもかまいません。

感覚を取り戻すだけで、自然治癒力がアップしていきます🙂

心が平和になるには

人生を生きていると、必ず、つらいこと、悲しいこと、経験したくなくても経験してしまうことがたくさんあります。

思い通りにいかないとイライラしたり

あの人のせいでこうなった、と被害者意識を持ったり、憎んだり

あの時、こうしなければよかった、と後悔や罪悪感を持ったり

このような感情は心がざわざわします😨

平和ではありません。

では、どうすれば平和になるのでしょうか?

イルチブレインヨガ創始者の一指李承憲先生の「人生120年の選択」には、こうあります。

平和になるには、執着から自由になる必要があります。

まるで砂袋を一つずつ下ろすと熱気球が浮かぶように

執着していることを手放す時に私達の魂は軽くなり、自由になれるのです」

自分が何に執着しているか?

客観的に見て、手放すことが穏やかに生きるヒントです。

魂を自由にする瞑想があります。

手で器を作って、それを勢いよくひっくり返します

自分がつかんでいたもの、執着を手放すイメージをします。

想像するだけで、スッキリします。

ただ、手放した!!と決めつけるだけでいいのです。

脳はすぐ騙されます🤪(笑)

是非、お試しくださいね(^_-)-☆

 

 

瞑想は気軽にできる

イルチブレインヨガでは、瞑想を大事に取り入れています。

イルチブレインヨガ創始者の一指李承憲先生は「人生120年の選択」で、下記のように書いています。

「よく人は、瞑想は難しく、専門家に習わないといけないと思っています。

もちろん瞑想をする目的によっては、専門家の指導が必要なこともあります。

しかし、私は「生活と瞑想は別々」とは思いません。

運動を生活化しなければいけないように、瞑想も生活の一部になる必要があります。

そのようなことから、私はもっとも簡単で手軽な瞑想法は、眠ることと言っています😆

眠る前にゆったりと長く呼吸しながら、身体の中で生命エネルギーを充電する瞑想をすると、朝の目覚めが軽くなります。

また、歩きながらでも呼吸瞑想をすることができます

たとえば、歩数を数えて、4歩あるきながら息を吸い、次の4歩で息を吐き出してみましょう

歩数は自分の呼吸の長さによって調節します

このようにすれば、短時間で酸素とともに自然の中にみなぎっている気エネルギーが全身にたっぷり満ちるという驚きの体験ができます」

瞑想が身近に感じれましたか?

そう!!

簡単です!!

しかも瞑想することで

リラックス効果、集中力アップ、自然治癒力アップ、、

いろいろな効果が期待されます!

 

ぜひ、やってみてくださいね♪

 

スタジオでも皆さんで瞑想の感覚をトレーニング最後に分かち合いながら、楽しくやっています!!(^_-)-☆

スタジオにもぜひ遊びに来てくださいね❣