日曜の朝にやっている三宅裕司さんと渡辺満里奈さんがMCの健康番組「健康カブセル!ゲンキの時間」をご存知ですか?

いつも色んなテーマを決めて、ゲンキになる方法を教えてくれます。

3/18は「寒暖差疲労」

http://hicbc.com/tv/genki/archive/180318/

この時期、寒暖差の激しさから、疲れて自律神経が乱れて体調を崩してしまいがちです。

その疲労を改善させる「スイッチ」に「呼吸」が入っていました。

具体的な方法は「腹式呼吸」

下腹に両手を当てて、おなかが膨らむように吸って、へこむように吐く。

まさにスタジオでもやっている腸運動の形でした!!

スタジオでは、呼吸はそこまで意識しなくていいのですが、

腸が動くように、最大限におなかを出したりへこませたりしていきます。

固まっていた腸をほぐし、気血循環がスムーズになり、自律神経も整っていきます。

会員さんに番組の紹介を頂き、調べてみました☆

みなさんも寒暖差対策、美腸習慣、自律神経の調整をするために

体験してみてくださいね☆